top of page
  • 執筆者の写真koji Tanaka

日本は自動車大国かもしれないけど、道路大国じゃ無い!

我が国は自動車生産では、素晴らしいものがあるが、道路には問題が多い。

①事故が少ないというランナバウトが最近出てきているが、まだまだ少ない。


田舎の道はどんどん良くなり、どっちが優先道路かわからない。交通量が少なく、4WAYストップも無いので止まれの標識をみのがしたらいっかんの終わり。こっちが法律的に正しくても、死んだら負けだから。よく日本人で、青信号になったら左右を見ずに渡る人がいるが、外国人は赤でも車が来ないと渡る。どっちが良いとは言えないが・・・・・


②田舎では、人が歩かないのに縁石がどんどん増えている。人を守るつもりだろうが、車にとっては大事故につながる。ホワイトラインで良いんじゃないだろうか?まして最近は、狭い道路の真ん中にも赤いプラスチックの板が出来てる。外国では見ない・・・


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしのマイカーは13万2900円

先日私どもが愛用しているワゴン車のプロペラシャフトが走行中突然、折れて廃車にしました。これから忙しくなるとき、夫婦が乗る車が無いと、田舎では仕事が出来ませんので、 12カ月分の車検が付いた軽自動車を買ってきました。四駆で1年の車検が付いた軽自動車です。 5箇所くらい塗装した跡があり、何箇所かボディーが凹んでおり、家内が枯れ葉マークでそこに蓋して目立たないようにしてました。 同居している長女家族の婿

オーバーツーリズムが無い十和田湖

十和田湖はオーバーツーリズムとは無縁です。紅葉とかの週末に奥入瀬川のバス停にバスに乗れない外国人が溢れるくらいが、それを感じるときかも知れません。 普段だれも居ないバス停に人が溢れていたので、何事かあったのか?と思いよそ見をしていたら、前の車にコツンと追突してしまったことがあったことがありましたが・・・・

人手不足だからって?

人手不足は都会でも十和田湖のような田舎でも同じです。半年しかお客様が来ないし、その半年の中でも、五月のGW、八月前半のねぶたやお盆、十月後半の紅葉しか十和田湖はお客様がありません。一年365日の内50日しか十和田湖に観光客が溢れることは無いのです。でもその50日だけでも、お客さんがあるから良い、うちはその50日さえなく、「365日ガラガラだと云ったところもありました。 やっと確保したアルバイトを、

Comentarios


bottom of page