top of page
  • 執筆者の写真koji Tanaka

日本と外国のライドシェアの違い

①料金はタクシーと同額、地方は8割


外国はダイナミックプライシングで繁忙期はタクシーより高い場合もあるが、一般的には5割程度になり、車によって違う。


②車は自家用車で基本的に綺麗。とくに外国ではタクシーより綺麗。

③雲助タクシーは我が国ではいないが、日本のタクシーは高い料金でメーターは距離制。

なので田舎で長距離は高くつき、乗りたくても乗らない人が多い。

外国では駅や空港では雲助タクシーが多く、英語で交渉しなければならず、殆ど負けたり、妥協する。

④スマホ決済で行先と料金が初めから分かっているので外国語を使う必要がない。

運転手は性格的に良い人が多く、本業があり、サイドビジネスで休みの日にやってる人もいる。

⑤チップはやらなくても良いし、あとでチップをやるかどうか、どの程度チップをやるかのメールが来てスマホ払いに足すシステムで便利。


日本でアンケートを取ったら、海外旅行で利用している人は賛成で、利用したことがない半数以上の人は反対と出たが、その理由として犯罪とか危ないとかがあったが、海外の雲助タクシーより安全で、外国語を使う必要もなく、安い。ライドシェアが普及すればこんな良いサービスはないと、国民の支持を受けることは間違いない。セルフスタンドも外国では当たり前なのに日本ではなかなか許可がおりなかったが、いまでは何事も無かったように使っている。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

わたしのマイカーは13万2900円

先日私どもが愛用しているワゴン車のプロペラシャフトが走行中突然、折れて廃車にしました。これから忙しくなるとき、夫婦が乗る車が無いと、田舎では仕事が出来ませんので、 12カ月分の車検が付いた軽自動車を買ってきました。四駆で1年の車検が付いた軽自動車です。 5箇所くらい塗装した跡があり、何箇所かボディーが凹んでおり、家内が枯れ葉マークでそこに蓋して目立たないようにしてました。 同居している長女家族の婿

オーバーツーリズムが無い十和田湖

十和田湖はオーバーツーリズムとは無縁です。紅葉とかの週末に奥入瀬川のバス停にバスに乗れない外国人が溢れるくらいが、それを感じるときかも知れません。 普段だれも居ないバス停に人が溢れていたので、何事かあったのか?と思いよそ見をしていたら、前の車にコツンと追突してしまったことがあったことがありましたが・・・・

人手不足だからって?

人手不足は都会でも十和田湖のような田舎でも同じです。半年しかお客様が来ないし、その半年の中でも、五月のGW、八月前半のねぶたやお盆、十月後半の紅葉しか十和田湖はお客様がありません。一年365日の内50日しか十和田湖に観光客が溢れることは無いのです。でもその50日だけでも、お客さんがあるから良い、うちはその50日さえなく、「365日ガラガラだと云ったところもありました。 やっと確保したアルバイトを、

Comments


bottom of page