top of page
  • 執筆者の写真koji Tanaka

わたしのマイカーは13万2900円

先日私どもが愛用しているワゴン車のプロペラシャフトが走行中突然、折れて廃車にしました。これから忙しくなるとき、夫婦が乗る車が無いと、田舎では仕事が出来ませんので、

12カ月分の車検が付いた軽自動車を買ってきました。四駆で1年の車検が付いた軽自動車です。

5箇所くらい塗装した跡があり、何箇所かボディーが凹んでおり、家内が枯れ葉マークでそこに蓋して目立たないようにしてました。

同居している長女家族の婿さんが、新車が欲しいというので販売店に聞いたら9ヵ月かかるという、婿さんの今乗ってる車を貰うことにしていたが、9カ月は待てない・・・


わたしも高齢なので、東京に住んでる次女は免許証を返上したほうが良いと言いますが、田舎では運転免許証をかえすと云うことは、仕事を辞め、家に死ぬまで居るということです。

どこにも出られません。タクシーがあるじゃないか。という方もいますが都会と違い、長距離になりがちで私もタクシーは年に1~2回しか使いません。ベトナムのようにライドシェアのバイクタクシーで百円単位ではなく、万単位になることもあります。

  

我国は公共交通機関は発達しているとの、外国人の評価ですが、それは大都会だけの話です。くるまより電車やバスが使いがってが良いとのことですが、人口減少でだんだんとそれも厳しくなっていくと思います。わたしのように杖が必要な高齢者は戸口から戸口のくるまが一番です。やっとライドシェアが日本に定着しそうですが、ベトナムのようなバイクとか車が安く利用できるようになれば、免許証の返納も増えていくと思うのですが・・・・・

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

オーバーツーリズムが無い十和田湖

十和田湖はオーバーツーリズムとは無縁です。紅葉とかの週末に奥入瀬川のバス停にバスに乗れない外国人が溢れるくらいが、それを感じるときかも知れません。 普段だれも居ないバス停に人が溢れていたので、何事かあったのか?と思いよそ見をしていたら、前の車にコツンと追突してしまったことがあったことがありましたが・・・・

人手不足だからって?

人手不足は都会でも十和田湖のような田舎でも同じです。半年しかお客様が来ないし、その半年の中でも、五月のGW、八月前半のねぶたやお盆、十月後半の紅葉しか十和田湖はお客様がありません。一年365日の内50日しか十和田湖に観光客が溢れることは無いのです。でもその50日だけでも、お客さんがあるから良い、うちはその50日さえなく、「365日ガラガラだと云ったところもありました。 やっと確保したアルバイトを、

ライドシェア 東南アジアのグラブがお勧め!

日本ではウーバーが有名だが、東南アジアではグラブが有名。 ウーバーイーツで日本に食い込んでいるウーバーだが、本業のライドシェアのタクシー業界への参入を狙っていると思われる。円安が進む日本だが、物価安の都市のアンケートで東京が世界で3番目だかに選ばれたが、栄えある世界一に選ばれたベトナムでありがたいのがグラブのバイクタクシー。観光地の奥までも数百円で行けるのだからありがたい。これと二段になった夜行バ

Commenti


bottom of page